食事コントロールで血圧制御~血圧下げる食事のコツ~

お年寄り

腎臓に負担を少なく

食事

工夫するとよい点

腎臓病になってしまった場合、食事の内容は非常に重要です。腎臓に負担のない食事を心がけることで、腎臓病の進行を遅らせることができます。個々の症状により、制限内容も変わってくるため、主治医の指示に従うことが原則となります。ですが、ある程度のガイドラインはあるので次のような点を意識するとよいでしょう。まず第一にタンパク質を摂りすぎないようにするのが重要です。タンパク質の摂りすぎは腎臓に負担をかけてしまうためです。ご飯、麺、パンなどの主食にもタンパク質は含まれているため、タンパク質調整をした商品を使うとコントロールの助けになるのでおすすめです。次に、エネルギーを十分にとることも大切です。エネルギーが足りないと、体内のタンパク質が使われ排泄物となりやはり腎臓に負担がかかります。マヨネーズやドレッシング、サラダ油などは高エネルギーなので工夫して摂取するとよいでしょう。塩分を摂りすぎないことも大事です。

注意すべき点

腎臓病の食事は、通常考えられる健康的な食事とはイメージが違うことがあります。場合によっては水分の制限が必要なこともありますし、カリウムの制限のため果物の摂取を制限されることもあります。一般的に健康によいとされる食品が腎臓病にはよくない場合もあるので、自己判断で食事をするのほ避け、医師の指示に従いましょう。自炊でこうしたコントロールをするのはかなり大変です。なので、専用の宅配食を利用するのも一つの手です。それなりに値段はしますが、腎臓病にとって食事は重要な治療の一つです。面倒だからといって食事を抜いたり減らしてしまうとエネルギー不足になり病気の進行が早くなってしまいます。たかが食事と侮らずに真剣に取り組むことが重要です。