食事コントロールで血圧制御~血圧下げる食事のコツ~

お年寄り

利用しやすさとおいしさ

お年寄り

日持ちの良さが継続に

腎臓病はすぐに症状が現れずじわじわと進行する、という特徴があります。自覚症状が少なく気付くのが遅れやすいため、食生活の乱れやすい現代社会においては、意識的に検査を受けるなど常に注意しなくてはならない病気の一つです。原因と症状はさまざまですが、共通するのは食事療法が有効という点です。症状の進行を食い止めるためには、塩分とたんぱく質を抑えながらも、エネルギーの摂れるような食事内容が有効とされています。だからと言って自前で食材を用意して分量まで計算して調理するには、十分な知識と料理の腕前が必要となります。そこで注目されているのが腎臓病食の宅配サービスです。このサービスの特徴は、そのほとんどが管理栄養士の提案する本物の腎臓病食であるという点で、冷蔵や冷凍の宅配なので日持ちの心配も少なく、継続しやすいように工夫されています。

おいしいさへの追及

どちらかというと食事制限というイメージの強い腎臓病食ですが、需要の増加とともに進化という意味の変化も顕著になっています。つまり、おいしさが追及されてきていると言うことです。腎臓病食の宅配を取り扱う会社は年々増加して、シェア争いとなってきています。冷蔵・冷凍で保存が利き、全国に配達できるという内容は、ごく当たり前となってきているのです。こういった状況で、いかに顧客を増やすかと戦略を練った場合、信用なども当然ですが、おいしいものが食べたいというニーズに応えるのが一番でしょう。このような理由からも、今後は食事制限で我慢をするのではなく、腎臓病食であっても食事が楽しめる内容となり、さらに宅配を利用しやすく、おいしくなっていくと予測されます。